7月・8月の講習会受付中です

QR(二次元バーコード)を安全に使う

活動の報告

QRコードの使い方がわからないというご質問をいただきましたので簡単に解説しましょう。

QRコードとは「Quick Response(素早く読み取って反応するという意味)」の略称で、日本の自動車メーカー「デンソーウェーブ」が1994年に考案した、高速読み取りを重視したマトリックス型の2次元コードのことです。

使い方をわかりやすく説明してくれる?

QRコードって、「クイックレスポンス」の略で、「すぐに読み取れる」って意味なんだよ。日本の自動車会社のデンソーウェーブが1994年に作ったんだけど、情報をパパッと読み取れるように考えられた特別なバーコードなんだ。

どのように利用されているの?

ウェブサイトのリンク、お店などの決済、名刺での連絡先の交換、イベントのチケット、商品情報、Wi-Fi利用などに広く利用されているね

とても便利だわ
スマホのカメラで読み取るだけなのね

そうそう、読み取ると読み取る先の情報が表示されるからそこをタップすればいいよ
QRコードリーダという専用アプリを使ってもいいね

最近詐欺などに悪用される例もよく聞くんだけど…

QRコードは便利だけど、リスクもあるんだ
発行元や内容を慎重に確認して、不審な点があれば利用しないようにしようね!

スマホの画面は小さいので、ゆっくりと確認しながら操作しましょう。

QRコードを読み取る前に

  • QRコードの発行元や内容を確認する。信頼できる発行元かどうかを確認しましょう。
  • 看板やポスターのQRコードは、改ざんやいたずらされていないかチェックしましょう。QRコードの表面に傷や汚れがないか、よく見てください。
  • QRコードの使用目的を理解する→QRコードを読み取ると何が起こるのか、確認しましょう。

QRコードを読み取った後は

  • QRコードを読み取ったデバイスの安全性を確認する。マルウェアに感染していないかチェックしましょう。
  • QRコードから金銭的な取引をする場合は、慎重に対応する。不審な点があれば、すぐに中止しましょう。
  • QRコードから個人情報を入力する場合は、サイトの安全性を確認する。
    アドレスが、「http://…」 ではなく 「https://…」であること。
    スマホにもウイルス対策ソフトを入れるのも有効。

[参考] NHKクローズアップ現代の取材ノート (外部サイト ) : 「QRコードで返金詐欺の手口」

機種によって操作方法が異なる場合もあります。講習会でゆっくりとご説明できます。

▶︎ 講習会の日程

スマホの機種によって操作方法が異なる場合もあります。
詳しく知りたい方は、講習会でゆっくりとご説明いたします。
ぜひご参加をお待ちしています。

コメント